英語が得意な子供に育てるには何をすればいい?

0

英語が得意な子供に育てるには何をすればいい?

我が子を英語が得意な人に育てたい!そんな思いを叶えるため、最近は幼児期からの英語教育が盛んです。では実際に子供の英語力を上げるには、保護者はどんなことに気をつければよいのでしょうか。

英語を身につけて欲しい親心

日本経済に閉塞感があるこの頃では、海外で躊躇なく働ける語学力、外資系企業に入社して問題なく働ける語学力を身につけた人材になれば、将来困らないのではないかと思う保護者が多いようです。世の流れも英語の小学校での必修化など環境は整いつつありますが、かたや英語に接することが楽しくなくなってしまう子供を生み出す懸念も。そうしたつまづきを避けるために保護者ができることは、英語を見聞きすることが自然である環境を作っておくことでしょう。

楽しく遊んで英語に親しむには

例えば子供たちの大好きなディズニーのアニメーション。ディズニーでは0歳児から利用できるとされる、「ディズニーの英語システム」という教材を販売しています。
アニメーションを利用して興味を持たせれば、自然に英語に親しむ環境が生まれます。教材だけではなくアニメーション映画のDVDを一緒に見て、「今りんごのことをappleって言ったね。”アポ―”って発音に聞こえるね。」などと会話をしながら視聴し、英語で映画を見るという習慣を持たせてみてはいかがでしょうか。
簡単な英語のクイズやパズルなどで、英単語に親しむのもお勧めです。

幼稚園児が英語を習うことに効果はあるの?

前述の「ディズニーの英語システム」では、脳の発達が早い小さいうちから英語を聞かせることで、母国語なみに自然に英語を身につけることができるというのがふれこみです。いったいそんな小さいうちから、英語教材を使うことで効果があるのか疑問に思う人もいるでしょうが、海外赴任した家庭の子供が親よりも早く英語の発音が上手くなる現象を見れば、効果は明らかでしょう。もちろん子供ですから大人ほど論理的な内容は話せませんが、発音の習得の速さには驚くものがあり、小さいうちから英語に耳慣れしておくと、発音がネイティブに近くなっていきます。

日本語ができないと英語もできないというのはホント?

ところで英語教育の早期化について、日本語がまだきちんと話せない、書けない状態の子供に外国語を教えても、どちらの言語にとっても良くない影響があるのではという意見も根強く存在します。
しかし、小さいうちから英語を習っても、母語にとって悪影響にはならないということが、韓国での英語早期教育の結果でわかっています。韓国では既に1997年には小学校3年生で英語が必修科目になっており、日本よりも英語を話せる生徒が増えているという結果もあります。日本での英語早期教育に反対する人達は、これを知っても英語教育の充実を願う保護者のニーズに、反対し続けることはできるでしょうか。

せっかく上達した英語の芽を摘まないためにも

こうした努力で子供のうちから英語に親しんだとしても、学齢期になってその芽が摘まれてしまう子供もまだまだ少なくありません。
というのは日本社会にある同調圧力により、ネイティブ並みの発音を持っていても、周りの子供たちに合わせてそれを隠してしまう子供が出てくるためです。
こうした現象を避けるためには、英語教育に力を入れている学校を選ぶ、英語を話す機会を増やせるよう、塾やサークルに参加するといった工夫が必要です。

記事まとめ

帰国子女が英語ができることでいじめを受ける、そんなことは数十年も昔の出来事かと思いきや、未だにそういった話はあるとのこと。
日本人は英語ができるようになりたいと思っているはずなのに、コンプレックスの裏返しなのか、まだこういったことはあるようです。
英語を身につけてもこうした環境に負けてしまっては元も子もなくなりますので、学校選びなどの環境も整えてあげるのが、保護者としての務めかもしれませんね。