学校や受験で勉強する英語は本当に役に立たないのか

0

学校や受験で勉強する英語は本当に役に立たないのか

教科書に載っている英文や、受験英語は実際は役に立たないとよく言われますが、本当でしょうか?役に立たないと言われる理由と、実際はどうなのかを検証してみましょう。

文法重視は受験英語の弊害?

英語が高校や大学の受験科目になっているため、授業では英単語や英文法を詰め込みがち。そのため、知識重視の英語教育になってしまっているという意見は昔からよく見られます。しかし、学校で習う英単語や英文法の知識が皆無では、英文を組み立てることができないので、学校教育がまったく役に立たないとは言い切れません。ただ、それをどうやって使っていくかという現実のニーズに即した授業になっていないのが問題なのでしょう。
実際に仕事で英語を使う場面では文法の正しさにこだわるよりも、言いたいことが英語で表現できるという能力の方が必要なのは、まぎれもない事実です。英語で表現したいという気持ちを高めることも、教育には必要なのかもしれません。

聞ける、話せる授業が少なすぎるのが原因?

英語の成績はそこそこよくても英会話が苦手な日本人が多いのは、会話の授業が少ないからではないかという意見があります。確かに数十年前の英語の授業は、ネイティブスピーカーの講師を雇っているのでない限り日本人教師が行っていた学校が大半。教科書に載っている文章を読むことはあっても、英語で会話しあうということはあまり力を入れていない学校が多かったのではないでしょうか。
しかし、政府も改善に乗り出しつつあり、中学校の英語の授業を原則として英語で行うとし、2020年の全面実施を目指すと発表しています。これにより、少なくとも英語を聞く・話す機会は格段に増えるのではないでしょうか。

英文をすべて訳そうとする習慣が妨げに

英語を勉強する時、英文読解などですべての単語の意味を日本語訳する習慣がついている人が多いかと思います。ところが、英会話において相手の言うことをすべて翻訳していると会話についていけません。
ここで必要なのは英語を英語のまま把握することで、英語を訳して日本語と同じ語順に置き換えてというプロセスは、時間がかかり過ぎるのでNG。英語の授業を英語で行うという今後の政府の方針は、英語を英語として聞く、理解する能力を高めるかもしれません。

記事まとめ

英文学を研究するなら単語や文法を知っていることも大切ですが、日本人の英会話能力を高めるには、語順や文法が多少間違っていても話そうとする姿勢を大切にすることが重要。
学校で得た知識も必要ではありますが、英語を研究するかのような学習方法からは、いったん離れた方が良さそうです。